就職活動の準備 就職活動のすすめ方

就職活動の準備

就職活動の成否を分けるには、

どれだけ下準備をしておくことができるかがポイントです。

就職活動の準備とは、

何をすればいいのでしょう。

まずしなければならないことは、

自分を客観的に分析することです。

自分がどういう人間で今までどんなことをやってきて、

これからどういうことをしたいのかを探っていきます。

しっかりと自己分析をすることによって、

履歴書を書くときや、

面接に答える時に明確に自己主張ができます。

始めに過去の経験から何を学び

どんな考えを持っているか振り返りましょう。

次に今の自分を分析してアピールポイントを見つけます。

どんなことが他人より一歩先んじているかを、

考えて見てください。

将来象はどんな風に描いているか、

そこに行き着くためには何が足りないか、

何をすればいいものなのかを考えながら目標を見さだめます。

ある程度の自己分析が済んだら、

実際に就職活動に行くための書類づくりに入ります。

現在では、多くの企業がエントリーシートを使っています。

エントリーシートのフォーマットは企業ごとにさまざまですが、

共通する部分もあります。

多くのエントリーシートは、

人生観や職業観を問う項目があります。

自己分析に基づいて書けるようにしておきましょう。

各企業で独自の回答が必要になる部分もあります。

自分が何をやりたいか、

なぜその会社を選んだのかということをしっかりと記入しましょう。

希望通りの仕事につくためには、

就職活動前に自己分析を十分に行い、

考えを明確にしておくことです。

就職活動のすすめ方

これから就職活動をしなければならないけれど、

何をすればいいかわからないという人もいます。

どんなことから手をつけると、

効果的な就職活動が可能でしょう。

会社説明会の情報を集め、

まずは行ってみることです。

就職セミナーや会社説明会と呼ばれるこの会では、

その会社への就職を希望する人が

集められて採用試験に関する話を聞いたり、

企業説明を受けたりします。

企業によっては、

会社概要の説明だけでなく、

面接や筆記試験を同日に行ったりします。

あらかじめ、

筆記用具を持って来るように指示があれば、

筆記試験が日程に含まれるかもしれません。

その会社に就職しているOBを尋ねて話を聞くのもいい方法です。

実際に働いてみて、

企業に対してどのような考えを持っているか、

会社はどんな人材を求めているかなどをOBの先輩から聞きます。

OB訪問の目的は、

成功話を聞くことではなく、

企業に関する情報をキャッチすることが重要になります。

敬語で話しながらも、

自然体で距離をはかることがOBとの会話では大事です。

その時の態度が、

採用担当に筒抜けだと考えておきましょう。

3年生の夏休みなど、

就職活動が始まる前にインターシップを活用するという方法もあります。

学生に一定期間職場体験をさせる制度で、

大学によっては単位としても認められています。

企業側も、

インターシップを通じて見所のある学生を見つけ出せることを期待しているようです。

インターシップに行くことで、就職活動の下準備をしておくことも可能でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.